セーラーが制服の学校

セーラーが制服の学校について

学校の制服、セーラー服について

中学、高校生の多くは制服を着ることになりますが、その種類の一つとしてセーラー服があります。これは水兵の来ていた服を基にしたもので、夏服と冬服の二種類があります。デザインは襟にラインがあるタイプが多いです。また多くの学校では、夏服は白いシャツのタイプで半袖と長袖、両方あることも多いです。冬服は紺色のタイプが多いです。セーラー服はスカートが夏服、冬服変わらないように見えますが、使われている素材が違っているのでその季節に合ったものになっています。制服は学校ごとに違っているので、色やデザインもそれぞれ違い、それを見比べるのも楽しみの一つです。

制服の現在と役割の可能性

青春時代の思い出には制服を思い出す人も多いのではないでしょうか。日本では生徒が同じ服装をするというのが主流であり、風紀を重要視する傾向があります。多くは体操服から靴にいたるまでを校則として定めています。服装を定めることにより、学業の効率化を図る狙いがある一方で、一部では、生徒のオリジナリティーを認めようと私服を許可しているところもあります。また、生徒の多様化を受けて、女子にズボン着用を認める学校もあるようです。また、ある学校では、制服導入により生徒の生活態度やテストの成績が改善されたという例も見られました。

新着情報

↑PAGE TOP

Copyright © セーラーが制服の学校について All rights reserved